キャッシング会社の金利の比較と計算方法

キャッシングするならお得に利用したい、と誰もが思います。
そこで大きなカギとなってくるのが利息です。
お金を借りれば当然利息が発生しますが、この利息をいかに安く抑えることができるかどうかで、返済総額が変わってくるのです。
ここでは利息を左右する金利について詳しくみていきます。

金利とは借入額に対して支払うべき利息の割合を示したもので、一般的に年利で表されます。
実質年率とも呼ばれますが、当然金利が低いほど利息は少なくて済みます。

キャッシングにおいては利用限度額に応じた金利が設定されており、限度額が大きいと低金利に、限度額が小さいと高金利になるような仕組みになっています。

キャッシングを新規で申し込みする際には審査の段階で限度額が決定するため、同時に金利も決められます。

金利を使った利息の計算方法

利息は以下のような計算式を使って算出することができます。
【利息=借入額×金利÷365×借入日数】

これを見てもわかるように、一定の金利では借入額と借入日数が少ないほど利息は少なくなります。
また借入額が同じなら金利が低いほど、また返済期間が短いほど利息負担は軽くなることがわかります。

金利が及ぼす影響

利用額が少額の場合は、金利が多少高くても利息の支払いに与える影響はさほど目立ったものではありません。
ただし利用額が大きいと、わずかな金利差によって利息負担が大幅に増大する可能性もあります。

またキャッシングを繰り返すうちに残高が増えて返済期間が長引いてしまえば、なおさら金利の大小が大きくかかわってきます。
利息は前述の計算式で求めることができますが、さらに返済シミュレーションを使えばリボ払いの複雑な計算も、一目瞭然で利息や月々の返済額を知ることができます。
カードローン会社を検討する際にも金利による具体的な利息額の差を比較できるので大いに参考になります。
返済計画を立てるためにも役立つので、利息計算には返済シミュレーションの活用をおすすめします。
キャッシングのランキングサイトなどを利用すれば、金利の低いカードローンを簡単に見つけることも可能です。
金利順上位のものはどれも驚くような低金利が表示されています。
手をおおっている女性
ただし一つ注意しておくべき点があります。
それはこれらの表示金利は最低金利だということです。
最低金利で借り入れできるのは最高限度額を与えられる一部の人だけです。
申込者の諸条件により違いはありますが、新規利用の場合は最低限度額つまり金利はもっとも高い設定になることも多いです。
実際に自分が利用するときには表示金利とは違う金利であることを念頭にキャッシング比較を行うことがポイントとなります。

キャッシング会社の金利や利息の計算方法はこちらで詳しく解説されています。
毎月どれくらいの利息がかかるか気になる方は確認しておきましょう。
参考:かんたんWEBで申し込み完結!専業主婦でも借りられるカードローン特集
サイトURL:http://www.syufeel.com/lp/cardloan01.html